オフィスの安全を守るために防犯カメラを設置しよう

オフィスの安全を守るために防犯カメラを設置しよう

不法侵入の防止や情報漏洩リスクの回避を目的に、防犯カメラを導入する会社が増えてきたようです。そこで今回は、オフィスに防犯カメラを設置する必要性についてご紹介したいと思います。

オフィスに防犯カメラを設置する必要性

防犯カメラを設置するのは企業のセキュリティ対策として行うものであり、情報漏洩や盗難に繋がる不法侵入を防ぐことが目的の1つになります。

防犯カメラで監視していることが、不審者がオフィス内に侵入した際に早期に発見できる手段となるのです。万が一の事故や事件が発生した際にも、防犯カメラが記録した映像が事件の解決や真相の解明に繋がる手段にもなるでしょう。また、社員の勤怠低下や不正の抑止力としての効果や、警備コストの削減といった効果も注目されているようです。

オフィス向け防犯カメラの種類

まず、カメラの形状には、一般的なボックス型のカメラと、丸い形状をしたドーム型のカメラの2種類があります。カメラがあることを意識させたいという場合にはボックス型、景観を重視する場合やカメラがあることの威圧感を和らげたい場合はドーム型を選ぶのが良いでしょう。

また、カメラの機能としては、夜間でも鮮明な映像で撮影が可能な「赤外線」タイプのものがあります。防犯カメラの基本的なシステムはカメラで収録した映像をハードディスクに記録したり、リアルタイムでモニターをしたりする方式をとっていますが、配線ができない環境でも設置が可能な無線式で映像を送るタイプのものや、リアルタイムで監視する場合にカメラのズームや向きを遠隔で操作できるタイプもあります。

オフィス内で防犯カメラを設置したほうが良い場所

オフィス内で防犯カメラを設置したほうが良い場所をいくつかご紹介します。

まずは、オフィスの入口や受付です。特に受付は部外者が一番多く出入りする場所であることから、防犯カメラを設置しておくべき必要性が一番高いと言っても良いでしょう。また、ここに防犯カメラがあることで、不審者の侵入を記録したり防いだりする効果が期待できるでしょう。

書庫や倉庫も防犯カメラを設置したほうが良い場所です。人の往来が少ない場所でありながら、会社にとって重要な資産や情報がある場所であるからです。こちらもカメラがあることで犯罪や不正の抑止力として働きます。

そのほか、密室になりやすい場所、受付と同じように部外者の往来がある場所にも防犯カメラがあれば安心です。

セキュリティ対策を怠ると、単なる事故、事件としてだけでなく会社存続が危うくなる可能性が潜んでいます。会社を守るためのセキュリティ対策の一環として、防犯カメラの導入についてぜひ一度ご検討してみてください。

オフィスの移転・引越しは【オフィス引越センター】をご利用ください。

Copyright Ozz Electric Corporation. All Rights Reserved